ホーム > 予防歯科

一般歯科・歯周病

歯周病

歯周病

昔は歯を失う一番の原因は虫歯でした。

しかし、現在は、歯周病が一番の原因となっています。
現代、軟らかい食べ物が主流となり、食生活が変化してきたという部分が大きな原因です。 歯周病は、あまり痛みを感じないため、気づかない間に症状が進行していきます。

20歳以上の80%が歯周病にかかっていると言われており、歯周病は、歯医者での治療はもちろんのこと、患者様自身の予防がもとても重要になります。
歯磨きの方法を変えるだけで歯周病や虫歯の予防が可能になります。

まずは、チャートより患者様の状態を確認しましょう
健康的な歯肉
歯肉が健康な状態にあります。
生涯、健康なお口の中を保てるように定期的なメンテナンスを継続することをおすすめします。
歯肉炎
歯と歯ぐきの間の汚れがたまりやすい部分や歯と歯のすき間が炎症を起こしやすい状態の歯周病予備軍です。
この状態のまま放っておくと歯周病になるのは間違いありません。

歯科医院で正しい歯磨き指導や歯石除去、歯のクリーニング、定期メンテナンスを行うことをおすすめします。
軽度歯周病
歯と歯ぐきの間など汚れがたまりやすい部分や、歯と歯の間に歯石がついていて、歯周病菌がたまりやすい場所になっています。 歯石は、歯ブラシでとることはできません。

歯科医院で歯石除去・クリーニングを行って正しいブラッシング指導を受け、定期的にメンテナンスを行うことをおすすめします。また、ご自身での日頃のケアが大切です。
中等度歯周病
歯周病になって歯を失うかの瀬戸際の状態です。進行がこれ以上進むと、治療が困難になる場合がとても多くなり、治療時間や通院回数も増えます。歯科医院で正しい歯磨き指導や歯石除去、
歯のクリーニング、定期メンテナンスを行うことをおすすめします。

また、ご自身での日頃からのケアが大切です。
重度歯周病
治療において歯を失う可能性があります。歯周病がかなり進んでいるため、骨が非常に少ない状態で、将来的に入れ歯、インプラントの治療を行う上でとても難しい状態です。

しかし、今以上に歯を失くさないために適切な治療が必要になります。今後、1本でも多くの歯を残す為に歯科医院で適切な治療を行い、ブラッシングの指導を受け、定期的にメンテナンスを行うことをおすすめします。
また、ご自身での日常のケアに非常に努力が必要となります。

無痛治療

無痛治療

無痛治療を行うため、当院では1人の治療時間をしっかりお確保し、ゆっくりと麻酔を行います。
麻酔を行った直後に治療を行っても麻酔が効いてない状態がほとんどですので、痛いと感じる患者様が多いのが実際です。
人は、一度、痛いと感じてしまったら少しの痛みにも敏感になります。
当医院では、お1人の治療時間をしっかりと確保し麻酔が効いた後治療を行います。

細い注射針を使用+表面麻酔の併用

麻酔の際の注射針は、一般に使用される針より細い極細針を使っています。
塗る麻酔を、まず麻酔をする部分に塗ってから、麻酔の針を入れていきます。
そうすることで、麻酔の時のチクッという痛みを感じず、無痛に近づけることができます。

 歯のクリーニングPMTC・予防歯科

PMTCとは「プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング」の略です。
歯科医院で行う歯を健康に保ち、歯を失わないようにする為の予防プログラムです。

専用の機械で、タバコのヤニや茶渋など、歯の表面に付いた着色や汚れを除去する方法です。
自分では磨きにくい歯と歯の間や歯磨きの癖などで磨き残しのある箇所を主に掃除をします。
歯の表面を軽く研磨しフッ素を塗る為虫歯になりにくくなり、きれいな状態を保てます。
歯科医師や歯科衛生士などの専門のスタッフがブラシ、研磨剤、超音波、フロス等を使用し歯面を清掃します。   

PMTCの効果

ムシ歯の予防
歯磨きをするだけでは落ちない細菌(バイオフィルム)を怖し、フッ素塗布で細菌の塊が再び付着するのを防ぐことが可能となり、ムシ歯予防の効果があります。

予防歯科とは!?

予防歯科とは!?

予防歯科とは、今まで日本では、痛くなってから歯医者に行くという習慣がありました。これでは歯を失ってしまう型が非常に多くなります。しかし、歯を失ってしまっては、もともこもありません。当医院では、患者様の歯を守るための役割に全力で取り組んでいます。

現代の治療の流れは治療から予防へ変わってきています。
医科の分野だけでなく、歯科に関しても予防へと変わってきています。
一度削った歯は、元の状態にはもどりません。
一度失った歯の周辺の骨は、元に状態にはもどりません。
北欧の国(スウェーデン)では、80歳で平均20本以上の歯が残っている状態です。

日本では、80歳で平均6本の歯が残っている状態で、非常に遅れをとっています。
日本は「年をとったら歯は悪くなって当然」と思っている方もにたくさんいます。いくら良い審美歯科のかぶせ物やホワイトニングをしても、インプラントを入れても他の歯を失ってしまったら、意味がありません。
予防歯科で1本1本の歯を大事にしてみませんか?

痛いから歯医者に行く。という考え方を、痛む前にクリーニングで歯医者に通う習慣をつけませんか?

Page top