ホーム > 審美歯科

審美歯科

ただ歯を白くきれいにするだけではなく、色やカタチなどにもこだわります。
噛み合わせなどの機能を回復する健康面も含め治療を行います

審美歯科ので美しい口元を・・・

審美歯科ので美しい口元を・・・

審美歯科とは美しい歯を作る治療のことをいいます。

最近、日本でも、白い歯に対しての意識をもつ方が増えてきました。白い歯の治療方法も色々あります。
ホワイトニング、ラミネートベニア、オールセラミック、セラミックインレーなどさまざまです。
そこで大切なのは見た目だけでなく、従来の歯の役目やお口の機能に影響を与えず、機能面でもきっちりと働けるような治療が最も重要です。

当院では咬み合わせ等をきっちりと診察し、見た目だけでなく、機能面も考えた治療を行っています。

Page top

オールセラミック

オールセラミック 

虫歯等を治療した後で行う歯のつめ物には、銀歯を使用する場合が多くあります。
銀歯は、強度と耐久性の面で優れており、保険適用となるので低価格で治療可能。などの利点があります。

しかし、一方で、見た目が悪いところや、金属を使っているので金属アレルギーの不安。などのデメリットがあります。

オールセラミックは、全ての素材がセラミックでできており、かぶせものや差し歯を使った審美歯科治療です。
金属を使っていない為、金属アレルギーの方でも安全に治療を受ける事ができます。

Page top

オールセラミックの長所、短所
長所
  • 天然の歯に合わせた歯の色調が再現できる。
  • 色が歯に似ていて見た目が美しい。
  • 人の身体によくなじみ、成分も無害(生体親和性が高い)金属を全く使っていない(メタルフリー)
短所
  • 色調はオールセラミッククラウンより劣ります。
  • ジルコニア本体が割れることは非常に少ないですが、ジルコニアを覆っているセラミックの部分が割れることがある。
  • 歯を削る面積が多い。

ジルコニアセラミック

ジルコニアセラミック

ジルコニアセラミッククラウンは、人の身体に対して安全面(生体親和性)が高いのも特長です。
整形外科では人工関節として使用されており、象が踏んでも壊れないくらいの強さと、曲げた時にも強いしなやかさがあります。
ジルコニアセラミックは金属を全く使っていないため、金属が溶けだすことで起こってくる歯ぐきの変色や金属アレルギーの不安もありません。

また強度が強いため奥歯やブリジッジなど力が加わりやすいところに使うのも可能です。
また、見ための審美面ではオールセラミッククラウンと比較すると、少し劣りますが、非常にキレイで、土台の金属の色が透けるのをふせぐ効果があります。

症状によってはオールセラミックよりも綺麗に仕上げることができます。
また表面が滑らないので汚れがつきにくく、細菌の付着も少ない点も大きな利点です。

ジルコニアセラミックの長所、短所

インレー

インレー

インレーとは、虫歯治療の時に、天然歯(自然の歯)を最小限に削りその部分に技工物を詰め込む治療法です。

白い歯を詰める治療は保険でも可能です。しかし、歯全体を被せる治療の場合、保険内ではできない部分もあります。

Page top