ホーム > 金属アレルギー外来

金属アレルギー ~メタルフリーへの取り組み~

金属アレルギーにお困りではありませんか!?
当院では医科・歯科連携で金属アレルギーに悩まない歯科治療を行っています

お口の中に要注意!

お口の中に要注意!

以前から、日本の歯科治療においてはさまざまな種類の金属が使われてきました。
特に、長年、使われてきた金属が保険治療で使用されている、金銀、パラジウム合金など、よく言われる「銀歯」です。

金銀パラジウム合金はとても使い勝手のよい金属として虫歯治療などでよく使われてきましたが、本物の歯との硬さのちがいや見た目の悪さなど、色々な問題があります。
中でも、放っておけないのが「金属アレルギー」の問題です。

今、注目されている「メタルフリーな治療」とは・・・

今、注目されている「メタルフリーな治療」とは・・・

金属を使った歯科治療の弊害が明確になってから、セラミックやレジンなどの金属を使わない治療「メタルフリーな治療」が注目されるようになってきました。
今、歯科業界では世界的にメタルフリー治療へと移り変わってきています。しかし日本ではまだまだ浸透しておらず、保険制度上、金属アレルギーの原因となる金属が、まだ多くの治療に用いられている状況です。

原因の分からないかぶれで、もしかしたら口の中にある銀歯が原因かもしれません。
今、虫歯治療をしている方は、将来金属アレルギーになってしまう可能性があります。
金属アレルギーになってしまった方、その不安がある方は、当院までご相談ください。

歯科治療が金属アレルギーの原因に!?

歯科治療が金属アレルギーの原因に!?

多くのケースでは、金属アレルギーはアクセサリー等の金属が皮膚に触れることで発症してきます。原因はアクセサリーのみではありません。一般的に知らない方も多いですが、原因のひとつとして注意しないといけないのが「歯科治療で使用される金属」です。

今までの歯科治療では、主に合金が用いられてきました。
貴金属の量が少ない合金ほど金属イオンが溶けだしてくる特徴があります。
イオン化した金属は唾液や血液を通じて、お口の中のみでなく全身に様々な悪い症状をもたらします。

原因はお口の中にあるかもしれません
金属アレルギーは花粉症などとは違って、原因となる物質に触れてもすぐに症状が出るわけではありません。
症状が出てくるまでに時間がかかる「遅延型アレルギー」です。

なので、「この症状は何が原因なのか?」と悩まれる方も多いのが現状です。
原因が分からないかゆみやかぶれ、肌荒れなどの症状が見受けられたら、アクセサリー等の装飾品だけでなく歯の詰め物や被せ物を疑ってみることが大切です。

金属アレルギーの症状

今の気になる症状、金属アレルギーの可能性があります。

今の気になる症状、
金属アレルギーの可能性があります。

金属アレルギーの一般的な症状は、ピアスやネックレス、ブレスレット、指輪等のアクセサリーによるかぶれ、かゆみ(接触性皮膚炎)が考えられます。
一方、治療で使用する金属によるアレルギーでも同じような症状が出てくるのでしょうか?
歯科治療における金属アレルギーの症状は、必ず、口の中に出てくるとは限りません。
アトピー性皮膚炎など、顔または手足など直接金属の触れない部位に症状が表れることもあります。

以下に、歯科用金属によるアレルギーが引き起こす代表的な症状を記載しています。
現時点で明らかになっている症状の一例ですが、その他にも全身の健康に色々な悪い影響を与えている可能性が多数あると言われています。

顔または口の中に起こってくる症状
  • 口内炎
  • 歯肉炎
  • 舌炎
  • 口唇炎(こうしんえん)
    唇に頻繁に炎症や亀裂、剥離などが出てくる。
  • 口腔扁平苔癬(こうくうへんぺいたいせん)
    頬粘膜をはじめとし、舌や唇に白い粘膜の角化がレース状に出て、発赤を伴う。辛いもの、熱いものがしみ、歯みがきの時に痛む。
全身の症状
  • かぶれ
  • シミ・シワ
  • 肌荒れ
  • 肩こり
  • 関節の痛み
  • 頭痛
  • アトピー性皮膚炎
  • 接触性皮膚炎
  • 不定愁訴
  • 自律神経失調症
  • ものわすれ
  • 憂鬱
  • 発癌
  • 立ちくらみ
  • 脱毛症
  • 皮膚に発疹や湿疹がないのに、かゆみが出る。
  • 扁平苔癬(へんぺいたいせん)
    紫紅色で平面状に盛り上がった発疹ができ、かゆみが出てくる。